消費者金融カードローンのサービス内容の比較

消費者金融カードローンのサービス内容の比較

比較している画像

現在、消費者金融のカードローンが数多く提供されていることから、サービスが多種に渡っているため、利用者は自分にとって何が一番得になるサービスなのかを踏まえないと、カードローンの選択を間違える可能性があります。

 

そこで、確認のために、どのサービスははどのカードローンから提供されているのかを明記します。対象とするカードローンはアコム・プロミス・アイフル・モビット・ノーローン・レイク(新生銀行)の6社です。

 

●即日融資‐すべてのカードローンで申込可能になっていますが、アイフルだけは即日融資における締め切り時間が明確になっていないため、即日融資を受けられない可能性があります。

 

●無利息期‐プロミスは30日間、ノーローンは7日間(継続利用可)、レイクは30日間(全額)と180日間(5万円のみ)の無利息期間を提供しています。

 

●ポイントサービス‐プロミスにはインターネットの利用に対するポイントの付くサービスがあり、貯まったポイントは無利息期間やコンビニATM手数料の無料サービスと交換できます。また、ノーローンは支払った利息に応じてポイントを還元しており、楽天などのポイントサイトのポイントに交換できます。

 

●24時間の振込キャッシング‐アコム(振込先・楽天銀行)、プロミス(振込先・三井住友銀行、ジャパンネット銀行)、ノーローン(振込先・楽天銀行)の3つが可能になっています。

 

●インターネット返済‐アコム・ノーローン・レイクは「ペイジー」に対応しているため、どこの金融機関からでもインターネットを利用した返済ができます。プロミスもインターネットバンキングを利用した返済が可能ですが、処理のできる銀行が指定されています。アイフルとモビットはインターネット返済へは対応していません。

 

●口座引き落とし‐モビット以外のカードローンはすべての銀行口座からの引き落としによる返済が可能です。モビットは三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行からしか口座引き落としができません。

 

●コンビニATMの手数料が無料‐レイクは銀行のカードローンだけにコンビニATMの手数料が無料になっています。しかし、消費者金融カードローンはすべてがコンビニATMを利用すると、手数料を取られます。ただ、プロミスは返済において、ローソンとミニストップにあるLoppi、ファミリーマートにあるFamiポートのメディア端末を利用すると、手数料が掛かりません。

 

●専用スマホアプリ‐アコム・プロミス・アイフル・モビットはスマホ用アプリを開発しており、スマホからでも借入や返済、書類の送信、取引内容の確認などができるようになっています。